妻と出会ったきっかけ

もう15年位前の話です。妻とは最初、友達の彼女の友達として知り合いました。簡単に言うと合コンです。

しかし、その時はあまり互いに意識することもなく、普通に飲んで話して特に連絡先も交換せずに分かれました。その時、彼女は真っ赤な靴を履いていたので、私個人としては、「赤い靴を履いた、背の小さい子」ぐらいの感覚でした。

そんな事があってから、約3年後ぐらいに友達が彼女と結婚するということで、結婚式に呼ばれました。その時の結婚式で以前に会った友達どおしということなのか、同じテーブルになりました。大体8人くらいのテーブルだったと思います。その時も席が隣ということもなく、以前の合コンと同じ感じでそれなりに話はする程度の関係でした。もちろん互いに覚えてはいて、私は「赤い靴を履いた、背の小さい子」と言うことも覚えていました。

結婚式が終わり二次会に向かう途中、たまたま隣に歩いていてその時初めて長く話をしたと思います。赤い靴の話をしたらよく覚えていると言われたと思います。そして、結婚式の二次会で初めて隣に座り、かなり長く話したと思います。その時、互いに、恋人と別れたばかりだったことや、年齢的に今度付き合う人は結婚を意識することになることや、いろいろと話したと思います。

結局、その時彼女と初めて連絡先を交換して、互いの家に遊びに行くようになり、今に至っています。

Leave a Reply